CBDグミは危ない?独り歩きしている情報だけを信じて遠ざけてしまうのは勿体ない

CBDグミは危ない?独り歩きしている情報だけを信じて遠ざけてしまうのは勿体ない

カンナビノイドとも呼ばれる成分・CBD、生活習慣や病気の改善に効果があり世界的に人気のオイルです。

とはいえまだ日本での浸透率はそれほどでもなく、しかも大麻草から抽出されるとあって危険なのではと警戒する人が多いのも確かです。

まだまだ未知の部分も多く現在も研究が進められている成分、とはいえCBD・CBDオイルに関しては信頼できるメーカーから購入すれば危険があるどころか様々な効果効能がもたらされおすすめです。

安心して、むしろ試してみるべきなのです。

麻薬とされ、日本では所持や利用がヘンプ取締法で罰せられています。

ただこの法律で罰しているのはTHCという成分についてのみです。

このTHCこそがいわゆる「ハイ」になる成分、酩酊作用があり判断力の低下・幻覚や幻聴・依存に苦しむこととなります。

同じくヘンプ草から抽出されているけれどTHCを含まないCBDオイルならばこういった症状が出てくることはありません。

とはいえ同じくヘンプから抽出されるため、THCが商品に混入してしまう可能性は非常に高いです。

購入したCBDオイルのなかに勝手にTHCが入っていたという場合も罪、お値段以上に安全性に気を配って商品を購入する賢い消費者でなければなりません。

有害な副作用がほとんどないとされるCBD、ということは多少は存在するということです。

例えば下痢・口の渇き・食欲の変化・強い眠気など、現時点で副作用として提示されている症状はこれだけあります。

健康に深刻な被害を与えるような有害なものではありませんが、少しでも効果を高めようと用法用量を守らず過剰摂取した場合にはどうなるか分かりません。

摂取量にも十分に注意すること、実は近年の研究でも過剰摂取で頭痛や腹痛・動悸に息切れなどの副作用が現れることが言われ始めました。

病気の治療にと多量に摂取した患者の一部が、肝臓の機能が悪化してしまったという例も報告されています。

CBDは危険だという独り歩きしている情報だけを信じて遠ざけてしまうのは勿体ない、メリットもたくさんある成分です。

でも危険と隣り合わせに成分だということも肝に銘じておかなければならなそうです。

これはどんな製品にも言えること、過ぎたるは及ばざるがごとし・良い効果をもたらそうと大量に摂取しすぎるとどんなに良いものであっても毒になってしまうということです。

睡眠障害やストレスの緩和・アルツハイマー症状の軽減にも力を及ぼし、ストレス社会の現代人こそ上手く取り入れたい成分です。