飛行機へ持ち込めるにしても、搭乗者が注意しなければならないことも

CBDグミは飛行機へ持ち込めるにしても、搭乗者が注意しなければならないことも

日本でも徐々に注目されつつあるのが、CBD(カンナビジオール)オイルです。

海外ではすでに医薬品として使用され、健康・美容にフォーカスされて摂取されています。

個人的に気がかりなのは、CBD(カンナビジオール)オイルの飛行機への持ち込みが違法でないのかといった内容ですし、持ち込めるにしても、搭乗者が注意しなければならないこともあるでしょう。

たとえ持ち込みが許可されていたとしても、持ち込める容量制限もありますし、それこそ、航空会社、お国柄によって規制の内容も違い、申請許可書が必要なことも無きにしもあらずです。

持ち込める量の問題、飛行機に搭乗したことがあるなら、持ち物検査も受けているはずです。

今は、機内の空気が乾燥しているから化粧水のボトルを機内に持っておくにしても、決まった量のみ、後は処分をせざるを得ません。

お国柄で、危険性がなくとも風習・慣習的問題から拒むこともあります。

個人的に調べてみたところ、CBD(カンナビジオール)オイルの輸出が多いアメリカであっても、なんと、州ごとに規制内容が異なるようですから、事前に確認が必要です。

トラブルになり、搭乗するはずの飛行機に乗れないパターンも無きにしもあらず、ヘンプの娯楽使用の問題はお国柄で法的緩和・厳格となることは念頭に入れておいたほうが良さそうです。

問い合わせは、TSA(運輸保安局)でも構わないでしょうし、日本の航空会社でも相談可能です。

しかし、CBD(カンナビジオール)オイルや抽出エキスに関しては、多くの場合、機内の持ち込みは問題ないようです。

先に述べたように、薬剤としても使用されていて、不安やストレスを緩和する内容です。

問題になりがちなのは「THC」のほうです。

麻は、アサ科アサ属の植物で、問題になるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が0.3%以下の品種であるのか、それ以上の含有量のモノであるのか、「ヘンプ」とした考えによって問題になります。

成分のパーセンテージで、持ち込み・所有の禁止物になります。

結局のところ、飛行機に持ち込むためには安全な製品であることを立証できればいいワケです。

それをチェックするには、製品のラベルを見てみましょう。

CBD(カンナビジオール)の飛行機への持ち込み可能であるなら、産業ヘンプと記載されています。

問題になるのは、ハイになりがちなTHC濃度に関する内容のモノです。自分だけでなく、他の搭乗者に迷惑にならないことも考えましょう。